携帯用の写真編集アプリを比較してみた

ちょっと前に携帯用の写真編集アプリを比較してツイートしたことを今思い出したので、忘れないうちにブログに転載。

Android上で稼働するSnapseed (Google) とLightroom CC モバイル版 (Adobe) を比較。
比較した結果、やはりいつも使っているSnapseedだけを使い続けています。どちらも優れたアプリだと思いますが、ツイートした時点でも結論として述べたように、好みと慣れの問題でSnapseedを選択しています。(どちらのアプリにもiOS版あり)

iOS版であればMOLDIVの編集機能もすばらしいです。Android版はそうでもない。iOS版とは機能に違いがある。フィルタは使えるが、それすら使い方がiOS版とは違うので、Android版とiOS版のMOLDIVとは別アプリと言ってもよいかもしれません。(iPad miniでは画像編集にはSnapseedよりもっぱらMOLDIVの方を使っていたが、近ごろiPad mini自体、使わない…)

下に貼ったツイートを見返していて改めて思いましたが、インスタグラムの編集機能が案外と優秀なので、高機能の画像編集アプリの使い方がよくわからない、覚えるのがめんどう…という人はインスタグラム一択でもよいかもしれません。使い方は簡単ですし(直観的に使える)、無料ですし。投稿しないで編集した写真を保存することもできます。やり方はいくつかあります。

Google検索結果「インスタグラム 投稿しないで画像保存」

なお、私がインスタグラムに投稿する時はPC上で編集した写真を投稿しています(ストーリーズ以外)。RAWファイルの場合はカメラメーカー純正ソフトで補正、トリミング → Photoshopで調整、JPEGに変換しています。コンジデや携帯で撮った写真(JPEG)はPhotoshopのみで調整。でも携帯写真は携帯用アプリで加工した方がなんとなく美しく加工できるような気がしている(あくまでも、なんとなく

(追記 2019.07.27)
MOLDIVのAndroid版にもiOS版と同等の編集機能が装備されました。